2013年5月12日日曜日

同条件で社会実験も成功!

全地域を同サイズ(人口も年齢構成も同程度にする)にすることは、行政イノベーションを行いやすい環境をつくるのにも役立ちます。

その理由は、検体が同じであったほうが同じ物差しで測れるので、成果の確認や水平展開を行いやすくなるからです。

また、その成果を国家運営にも反映させれば、失敗のリスクも減らせます。

国家的規模で社会実験を始めるよりも地方で社会実験を始めた方が、失敗による損失も少ないですし、豊富な社会実験を積めるからです。

社会実験をそれぞれの地域の主体性に任せることは、その成果を全世界に広めるにも好都合です。

我が国は国土は狭くても地形も気候も多様なので、様々な世界都市に活かせるイノベーションを揃えることができるようになるからです。

先行モデル都市になることで世界中から社会システム構築の依頼を受けることは、地域を豊かにさせるメリットも有り、それが結局は国を豊かにすることにもなるのです。

また、地方のパワーを高めることは、中央集権化を弱めることにもなります。

小さな政府をつくるためにも、地方が自由に社会実験を行える環境をつくることは重要なのです。







0 件のコメント:

コメントを投稿