2013年6月9日日曜日

労働生産性を飛躍的に高める秘策

労働生産性を高めるための秘策は、プロスポーツから学べる。

基本的にプロスポーツの世界では、選手の雇い方は「契約制」である。

言い換えれば、会社のように「終身雇用制」ではないということでである。

なぜプロスポーツの世界で「終身雇用制」をとらないかというと、能力の衰えた選手をいつまでもレギュラーに据えていたら、勝てるチームをつくれないからである。

労働生産性を高めようと思うのなら「契約制」を採用し、常にベストメンバーで戦えるようにしておくべきである。

プロスポーツの世界のようにトップをはじめ全員を対象に定期的に採用試験を行うことで、最強のプロ集団を確保でき、飛躍的に労働生産性を高められるというわけだ。

現在の雇用形態でも「契約制」は広がりつつあるが、契約社員は正社員を守る「調整弁」に過ぎないので、そのメリットを生かしきれているとは言い難い。

これでは補欠の選手だけを「契約制」にしているようなものだ。

契約社員を正社員より劣るものとして使うことは、採用時から正社員ほど能力の高さを求められないことになる。

これでは、せっかく「契約制」を採用しても、労働生産性が高まるわけがない。

また、一部の労働者だけを「契約制」にするのは、機会不均等の雇用環境である。

奴隷の家に生まれたら、ずっとその身分のままであるという、誤った階級社会を残しているようなものだ。

定期的に採用試験が行われることは、軌道修正をしやすくなるから労働者にとっても有り難い。

適性にあった職業に就けるようにすることは、結果的に労働生産性を高めることになるので、双方ともハッピーになる。

職種ごと統一試験を行うようにすることも、労働のミスマッチを減らす助けになる。

会社名で職業を選ぶのは、「就職」ではなく「就社」になってしまうからだ。

たとえ、希望する業種の会社に就職できても、人事異動で適性に合った部署に配属されるとは限らないので、就社という雇用システムは職種で選べる雇用システムに比べて、プロフェッショナルを育成する阻害要因を抱えている。

契約制にすることは、競争のあり方も正しくする。

就社とは会社と運命を共にすることであり、会社がコケれば、従業員の人生を大きく狂わすことになる。

しかし、定期的に就職のチャンスが巡ってくれば、敗者復活が可能になる。

会社間の競争は、お互いの体力を奪う消耗戦になりかねない。とくに国内で足を引っ張り合うことは、他国の会社につけいるチャンスを与えることになり得策ではない。

それに比べ全員を対象に定期的に統一試験を行い、その能力を競い合わせることは、競争のベクトルを正しい方向にむかわせることになる。

就労者も定期的に入れ替え戦が行われるとなれば、その座にあぐらをかいていられなくなるし、失業者も次回のチャンスに向けて必死に職能を磨くことになるからだ。

会社をなくし一元化をすれば独占状態になり、怠け者が増えるといわれるが、こうすればその弊害も防げるに違いない。

全員対象を契約制にすることは、定期的にそれぞれの職種の労働量を調整できるチャンスを得られることにもなるので、そういう面でも魅力が高まる。

ただ、敗者も安心して職能を磨けるように、充実した職業訓練システムや、全国民を対象にしたベーシックインカム制度を設けるのを忘れてはならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿